神無月好子のダメダメ日本日記

☆あんまりメディアで報道されないけど知ってたほうがいい大事なこと書いちゃいます〜☆
<< ECO BEATS湘南 | TOP | 核武装 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
捏造をすごく感じた
最近、国会中継を時々観る事ができる


あ、もちろんテレビでですよ!


で、今日も夕方前から観ていた。ポチッとテレビをつけたら、丁度党首対談の始まる時で、小沢さんと阿部総理だった


私が普段から、阿部さんに不安を抱いている、、、という部分を抜きにして(完全に抜きにはできないだろうけれど)、ひいき目などなしに普通に観てみようと心がけてみた


つまり、「どちらが筋の通った事を述べられるか」という視点で観てみた


結果は


どうやったって、小沢さんの方が頭がいいし、聞いていても筋道の通った事を言っていた


当然、阿部さんは、なんだかわけのわからない事をあいまいに答えるだけ、言い方を変えれば「自分がきちんと筋の通った事を答えられないのをごまかす」かのようだった


年齢や経験の差こそあれど、それにしてもお粗末であった



ところがですよ、17時頃のニュースを観ていたら、どれもこれもまるで「阿部さんが正当な事を述べた」ように編集してあるじゃないですか


ちょっとこれは酷いなと、改めて思いました


ここまで腐ってるか、メディア・・・・


感動するような話を、「ちょっとオーバーな〜」って言う風にとか、わかりやすく前後させてみたとか、言い換えれば「上手に」つくるとかならいいんですけどね


この捏造は、いわゆる「嘘」だもの


本人達の言葉を使っていれば「嘘」じゃないとは言わせないわ!!


阿部さんが発言している時に野党が相当ヤジを飛ばしているように編集されていますけど、逆でしたよ


小沢さんがお話されている時の自民・公明のヤジったら、ひどかったんですから!!しかも、何回もね!


これを読んでからでも、18時から、22時から、そして明日朝のニュースをぜひ観てみてほしいです・・・・



私は、日本国民なのでちゃんと政治をみて、平和で安心していける国であるためにはどうしたらいいのか、戦争など起こしてはいけない、という目で観ています。
そのためには、選挙の際にこれだと思う政党に投票はするけれども、「何党だから」と変な固執をしているわけではないので。仮に支持した政党がもう曲がってしまったと思えば、その時は曲がったなとはっきりと述べますし。
良いものはいい、悪い物は悪い、そういう視点で観て言っている事だけ、付け加えておきますネ!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


もう一つ、そのニュースとも絡むお話で、ひろみさんの日記から転載させていただきました


あの国会答弁の阿部さんの姿を観た後にこれを読むと、どうしようもなさが、よけいに「ひしひし」と伝わってきまする




藤原直哉氏の9/26付「藤原直哉のインターネット放送局」の「小泉内閣の後始末」において、以下のような事実?が明らかにされました。

すでに郵貯の預金運用のうち200兆円は、40年物の米財務証券の購入に使われてしまっている。
(ひろみ注、もちろん米は返済する気もない。)

純ちゃんと平蔵ちゃんが任期中に米にくれてやった日本の資産は340兆円だという。
そのリベートとして、純ちゃんには1兆円、平蔵ちゃんには2兆円の米国債がすでに渡された。

それを知ったある人が(明記なし)検察に告発し、検察が動く事態に発展したが、検察とCIAが行っている月例ミーティングで、CIAから口止めされて(ここまではよくある話だが)、検察はCIAから10億円をもらって黙ってしまった(笑)

総額340兆円の郵貯のほかは140兆円の国有財産の売却で、売却先も全部決まってるそうです。

もう「彼ら」の日本からの収穫は終わったようですから、いまさら「強い日本」だの「美しい日本」だの「プライドを持てる日本」だのはありません。
「美しい」妾としての日本も、金の切れ目が円の切れ目。
「欝苦しい日本」が待っています。
日本人が(あると妄想している)財産を損切りして、原寸大の日本を受け入れる必要があります。
いつまでも「妄想」にあわせた生活を続けようと保身に精を出すと、「彼ら」に骨の髄までしゃぶられて再起不能になります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、もう一つ、いろいろ言われている北朝鮮問題ですが、私はこのひろみさんのご意見に、納得



「中朝国境にできた鉄条網は」


ひろみが思うに、北が完全にアメリカのコントロール下に入ったことを示していると思います。
中国側から言えば、北がアンコントローラブルになったということです。

半島動乱は米と北の共同で起こされます。

中国は半島動乱において、自国に大量の武装難民が流入してきて、動乱が中国国内の内戦に発展させられることを警戒していると考えるべきでしょう。

列島を巻き込んだ半島動乱に乗じて、中国国内辺境地帯において、異民族による独立動乱が引き起こされるでしょう。

もしかしたら漢民族の地方政権と軍閥によるものかもしれません。
少なくとも中国は蜂の巣をつついたような状態にさせられます。

これらはすべて「単なる陽動」であり、「彼ら」からしたら成功しようとするまいと、どっちでもいいのです。

政治問題 | 18:27 | author 神無月好子/かんなづきすきこ | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 18:27 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://damedamenihon.jugem.jp/trackback/12
トラックバック