神無月好子のダメダメ日本日記

☆あんまりメディアで報道されないけど知ってたほうがいい大事なこと書いちゃいます〜☆
<< 広河隆一さんのレバノンの写真 | TOP | 沖縄基地移転問題で・・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
戦争突入!?&スーダンの現状
はろはろはろ〜。ここ数日の楽しい日記も書きたい所ですが、ちょっと気になる事をば。

お知り合いのch-chさんの所から拝借いたしました。これを読んで下さった多くの方に、今すぐどうこうという事ではないけれど、これから先に何か起きそうになった時、このちょっとした情報が記憶に残っている事で、いろいろな判断の一つの材料にしていただけたらなと思って。。↓


つい先ほど届いたばかりの西山氏からのメールを転載します。
まさに戦争前夜です。
できれば周りに知らせてください。

******************************
「速報」

 2005年10月25日、26日、ブッシュの支持基盤であるネオコン派の政治家、知識人が集まるワシントンの政策研究所、AEI・アメリカン・エンタープライズ・インスティテュートが主催して、日本の国会議事堂裏のホテル、キャピトル東急で、「政策研究集会」が開かれた。テーマは、「日本と中国を、どのようにして戦争に突入させるか、そのプラン作り」である。参加者はAEI所長クリストファー・デムス、次期総理・安倍晋三、鶴岡公ニ(外務省、総合外交政策局審議官)、山口昇(防衛庁、防衛研究所副所長、陸将補)、民主党・前党首・前原誠司、その他自民、民主の複数の議員。テーマは「有事、戦争に、どう対処するか」では無く、「中国と日本を、どのようにして戦争に持って行くか」である。

 以上は裏付けが取れた正確な情報である。

 以下は裏付けの取れていない未確認情報(裏付けの取りようがない)である。

 今後2年前後に、日本海側の都市に、「米軍の」ミサイルを着弾させ死傷者を出させ、それが北朝鮮からのものである、とマスコミ報道を行い、一気に日本国内の世論を戦争賛成、治安維持体制に持って行く、また京都、大阪付近で新幹線の爆破テロを起こし世論を戒厳令体制、戦争賛成方向に誘導する(テロは米軍と自衛隊の共同作戦で実行し、イスラム原理主義または北朝鮮のテロと報道する)。

 「京都、大阪方面」と場所が特定されている点、テロ作戦の準備を知った軍内部からのリーク情報の可能性がある。が、真偽の確認のしようがないので、情報の「信用度は低い」。ただし万一、本当にテロがあった場合には、北朝鮮やイスラムのテロではなく、「戦争をするための米軍と自衛隊の画策」である事を事前に明らかにしておくため、日本を戦争賛成の方向に誘導させない「クサビを打ち込んでおく」ため、あえて信用度の不確かな情報を流します。
(転載ここまで)


最後にヒトラーの右腕、軍事参謀のヘルマン・ゲーリングの言葉を記しておきます。

 「もちろん人々は戦争を欲しない。しかし結局は国の指導者が政策を決定する。そして人々をその政策に引きずりこむのは、実に簡単なことだ。それは民主政治だろうが、ファシズム独裁政治だろうが、議会政治だろうが、共産主義独裁政治だろうが、変わりはない。反対の声があろうがなかろうが、人々が政治指導者の望むようになる簡単な方法と は・・・。
 国が攻撃された、と彼らに告げればいいだけだ。それでも戦争回避を主張する者たちには、愛国心がないと批判すれば良い。そして国を更なる危険にさらすこと、これだけで充分だ。」 

これを肝に銘じておきましょう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もう一つ気になるニュースが・・・・Nissieさんからのお知らせ。


2002年からアフリカのスーダンのダルフール地方で、「政府による虐殺」が行われ始め、すでに数十万の人が亡くなっていると言う。


男達は殺され、女達もレイプ後に殺され、残された子供達も飢えで死んでしまうという。


当然、反対の声は上がっているのだけれど、国際社会がアフリカ諸国で結成した平和維持部隊は、たったの7000人。日本の1,5倍もあるダルフール地方では、7000人はほとんど無力だという。


国際社会からの批判を避ける為にスーダン政府が行っている事は、ダルフールで活動する「NGOやジャーナリストの殺害や拘禁」だそうだ。


これでは、あまり世の中にこの問題が広がらなくてもしかたがない、でもしかたがないなんて言っていられないね。


それでも殺害が繰り返されるスーダンの状況を見るに見かねて、国際社会は更に2万人の平和維持軍を送る事にした。


しかし、スーダン政府はこれを拒否した。それどころか、今まで送られていた7000人も退去するよう勧告してきた。。。。その期限は9月一杯。。。。


あと数日で、NGO、ジャーナリスト、平和維持軍、全てが退去しなくてはならなくなるかもしれない。


スーダン政府は、このダルフールの前にもスーダン南部の人々を過去20年間で200万人虐殺してきたのだという。


http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200609151410215


私達にできることって何だろう。今の所、スーダン政府に英語か母国語で手紙をだしたりFAXを送る、外務省にメールや手紙を出すなどらしいが。。。


スーダン大使館へのメールはこちらから遅れます
http://www.sudanembassy.jp/access.htm
政治問題 | 14:52 | author 神無月好子/かんなづきすきこ | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 14:52 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
Tsuyamaさん
こんにちわ〜。超がつくくらいの権力者の方がおっしゃっていたんですか。。。
私も、Tsuyamaさん同様、何をどこまでできるのかわかりませんが、自分にできる事から少しずつでも行動していこうと思います!!
これからも、よろしくお願いいたします☆
2006/09/26 11:33 PM by 神無月
「日本と中国が戦争になる」この話を僕も別の方から伺いました。
この情報を聞いたのは直接ではありませんが中国で超がつくくらいの権力者の方から。
やっぱりというか利権戦争です。この先どうなるかわかりませんが、こうゆう動きが確かにあるらしいです。

ヘルマン・ゲーリングの言葉しかり、自分達の手の届かない所で様々な事が行われているのを知るのは気が滅入る事もありますが、自分にできる事から少しづつ、良くなる事を信じて行動あるのみだと感じる今日この頃です。
2006/09/26 3:56 PM by Tsuyama
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://damedamenihon.jugem.jp/trackback/8
トラックバック